運用・節約

私が投資信託を買う理由・制度・銘柄

今年は投資信託を中心に投資をしていきます。
お金のやりくりは、キツイけど頑張ろう

投資信託とは

投資信託は、その名前のとおり、専門家を信じて、投資するお金を託すという商品です。
いろいろな投資商品に分散して投資し、運用で増えた分は投資した金額に応じて投資家に還元するしくみになっています。

投資信託を選ぶ基準・理由

私は米国株を中心にした投資信託を買っています。
アメリカは年金制度や健康保険制度がないらしく、老後は株で生活をしていく人が多いそうです。
だから株価が下がると、みんなが不安になり株価を上げるような政治をするそうです。
トランプ大統領が人気だったのは、そういった理由だからなのでしょうか。
また、米国株投資信託は過去20年間の実績では6%を下回らないで運用できたいう話もあります。

という事で私が買う投資信託は、積立nisa、ジュニアnisa、iDeCo、これらの3種類の非課税制度、全て同じ銘柄で買っています。

楽天・全米株式インデックスファンド
これ1本です。
(楽天ポイントで買った投資信託はeMAXIS Slim 米国株式(S&p500))

今月から妻の名義で買う積立nisaはeMAXIS Slim 米国株式(S&p500)

 

昔の投資信託はひどかった。。

昔の投資信託は手数料が、とにかく高めだったみたいですね。

・販売手数料
投資信託を買う時にかかる手数料
・信託報酬
投資信託を保有している間かかる手数料
・信託財産留保額
投資信託を解約する時の手数料
昔は手数料が2~3%くらいらしいです。

投資信託は例え儲けが出たとしても手数料が高くつく為、ほぼ利益がなかったり、マイナスになる事があります。

そこで、低コストで買える投資信託がインデックスファンドになります。
私が何冊か読んだ本で、最終的に学んだことはインデックスファンドをひたすら買い続けることです。
それも米国株を中心にです。

運用計画

積立nisa
ジュニアnisa
iDeCo

私が投資信託を買うのは、上記の3種類の非課税制度を利用したいというのが理由になります。
3種類とも運用利益はすべて非課税。
そして私の年齢、妻の年齢、子供の年齢を踏まえると15年~20年は運用できます。
娘だけ10年くらいですが、20歳になったタイミングでプラスであれば解約しますし、マイナスなら課税対象の口座で少し様子をみようと思ってます。(その間の大学費用は奨学金に頼ろうかなと)

まとめ

まぁ色々な意見もあると思いますが、結局の所、経済の中心はアメリカというゴールにたどり着きました。
投資信託を買うというのは、資産増やすのに良い事らしいですが、ひたすら同じ投資信託を買うというの正直飽きてしまうんです。
なので、飽きたら個別株に手を出すでしょう。

ポチッとしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

ABOUT ME
えのもん
37歳平凡な会社員 4人家族で仙台で気ままに暮らしています。 今の生活に不満はないけど、いつまでもこの生活が保証されている訳ではない。 コロナをきっかけに色々な事に興味が湧いてきました。 1番は金融市場ですね。 このブログでは実際に株式市場に投資をしている私自身の現況を伝えていくので、参考にしてもらえたら嬉しいです。また、オススメの投資方法があれば教えて頂けたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA