運用・節約

積立nisaとiDeCoの併用は必殺技

積立nisaとiDeCoの併用はマジで必殺技だと思う。
仙豆食べながら、かめはめ波を出す位凄い。
(意味不明な発言すいません)

まぁ2つとも資産運用をするのに利用した方が良いよって事です。

菅総理の言葉で『自助・共助・公助』という発言を覚えてますかね?
『自助・共助・公助』とは、まずは自分でなんとかする努力をして、次に家族や地域コミュニティにサポートしてもらう。それでも無理なら国や地方自治体がサポートしますという事だと私は解釈してます。
お金の面で言えば最後は生活保護で面倒見るから、できるだけ自力でなんとかしましょう。って事でしょうね。

これから紹介する2つの制度を利用すれば老後の不安は解決できると思ってます。

【関連記事】お金に困りたくなければ国策は最大限に活かしたい
【関連記事】続・お金に困りたくなければ国策は最大限に活かしたい


積立nisa

積立nisaとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度で2018年1月からスタートしました。
簡単に説明すると、金融庁が指定した低コストの投資信託を年間40万円まで非課税で購入できます。
非課税投資期間は20年間で最大800万円分を非課税で運用できます。
それが昨年の税制改正で少し内容が変わり、2037年までの投資できる非課税期間が5年延長して2042年までの投資が非課税枠の対象になります。
2018年から投資していた人は1,000万円が非課税になります。
私は去年から始めたので最大920万円が非課税で運用できます。

iDeCo

iDeCoとは、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の1つです。
公的年金と異なり、加入は任意となります。
加入の申込、掛金の拠出、掛金の運用の全てをご自身で行い、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受け取ることができます。
まぁ国民年金や厚生年金と組み合わせて、自分でも運用して年金を受け取るという事です。
私は月23,000円拠出しているので、最大で630万円が非課税で運用できます。

個人的にはiDeCoをしっかりと理解している人は年金保険に加入しなくて良いと思います。よくネットの記事でiDeCoに加入して失敗している記事を見ますが、マネーリテラシーの低い人が商品の制度を理解しないまま加入しています。
金融商品に手を出す時は、マネーリテラシーを身に付けてから投資した方が良いでしょう。
何も知らないままだと銀行員や証券営業マンにとって最高のカモになると思います。

まとめ

2つの制度を利用すると元本1,500万円が非課税で運用出来ます。
これは必殺技と言っても良い位凄いです。
このお金を運用すれば、もっともっとお金が増えてるでしょうね。
少なくとも2,000万円は手元にお金が残る可能性が高いです。
ですから積立nisa、iDeCoは出来るだけ利用をしましょう。
毎月しっかりとお金を積み立てれば、菅総理が話している《自助》は誰でも実現できるのではないでしょうか。
投資の格言で《国策には逆らうな》という言葉があります。
私は政治の文句を言うならば国策を最大限活用してからで良いと思ってます。
自分のお金は自分でなんとかしたい。

ランキング参加中
クリックしてくれると嬉しいです
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ABOUT ME
えのもん
37歳平凡な会社員 4人家族で仙台で気ままに暮らしています。 今の生活に不満はないけど、いつまでもこの生活が保証されている訳ではない。 コロナをきっかけに色々な事に興味が湧いてきました。 1番は金融市場ですね。 このブログでは実際に株式市場に投資をしている私自身の現況を伝えていくので、参考にしてもらえたら嬉しいです。また、オススメの投資方法があれば教えて頂けたら嬉しいです。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA